池袋で節分やバレンタインデーのプレゼント

東京都内池袋で節分やバレンタインデーのプレゼントが有る居酒屋【かずとら】入り口 毎日、築地や全国から届く新鮮食材をジャンルにとらわれない独創的な料理で提供しています。

池袋駅西口徒歩3分!。

日本酒、本格焼酎、梅酒、果実酒の品揃えも充実しており、他では飲めない希少な酒類も 多数取り揃えております。

食材の旬にだけに拘るのではなく、旬のお酒も味わって戴けるように季節酒にも力を入れています。

大人のための隠れ家的居酒屋、本格料理とこだわりの酒をお探しの 皆様!お越しをお待ちしております!

総席数60席、貸切にも対応可

まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL 03-3988-6288

また最新情報、今月、本日のお得な情報、希少な酒の入荷情報などは
下記オフィシャルホームページをご参照ください。
       ↓↓↓

東京都内池袋で節分やバレンタインデーのプレゼントが有る居酒屋【かずとら】HP

【節分とは】

【節分について】

節分とは、「季節を分ける」ことを意味し、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいいます。 しかし旧暦では立春が年の始まりにあたることから、いつのころからか節分といえば、立春の前日をさすようになりました。立春を新年と考えれば、節分は大晦日。特別な意味を持つようになったと思われます。 節分は大晦日にあたることから、節分の日に邪気を祓い、新年を幸多き年として迎えられるようにという意味を込めて「追儺(ついな)」の行事が行われます。 追儺とは悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う儀式のことで、新年を迎える行事として中国で行われていたものが、文武天皇の頃に日本に伝わり、宮中行事として行われるようになったそうです。 それが次第に庶民にも伝わり、節分行事が行われるようになりました。

【鬼について】

鬼とは、邪気や厄の象徴。昔は、災害や病、飢饉などの恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていました。 「鬼」の字は奈良時代から使われていますが、「おに」と読まれるようになったのは平安時代以降。平安時代中期に作られた辞典『和名類聚抄』によると、目に見えないものを意味する「陰(おん)」が転じて、「おに」と読まれるようになったのだそうです。

【節分の日の慣わし】

■豆まき

豆を撒く風習は、鬼の目を打ち、「魔を滅する」に通じるからという説があります。炒った豆を、年男や一家の主人、厄年の人が「鬼は外、福は内」と大声で叫びながら豆を撒き、邪気や災厄を祓います。 炒った豆を使うのは、生豆を使って拾い忘れたものから芽が出ると再び悪鬼が芽を出してやってくるので良くないといわれているからです。 豆撒き後は、自分の年の数、または自分の年の数+1の豆を食べ、一年の無病息災を願います。

■鰯の頭と柊木

鰯を焼いた時の煙と臭いが厄を祓うといわれ、節分の日には家の入口に鰯の頭を柊の枝にさしておく風習があります。 鬼の嫌がる鰯の臭いと、柊の葉の棘に痛がって、鬼が近寄らないので鬼門封じや厄除けになると昔から言い伝えられています。地域によっては、にんにくやとべらなどの臭いのあるものをそえるところもあるようです。

■巻き寿司のまるかじり

関西を中心に、その年の恵方(年神様のいらっしゃる吉の方角)に向かって無言で太巻き寿司を丸かぶりし、新しい年が良い年でありますようにと願いながら食べるという風習があります。 巻き寿司を使うのは「福を巻き込む」からで、切らないのは「縁を切らないために」といわれています。

【バレンタインデーとは】

バレンタインって、何のこと?

バレンタイン・デーは、英語では「Saint Valentine’s Day」、訳せば「聖バレンタインの日」という意味です。つまり、バレンタインというのは、人の名前なのです。どんな人だったかというと・・・。 西暦3世紀のローマでのことです。皇帝クラウディウス二世(在位268−270)は、若者たちがなかなか戦争に出たがらないので、手を焼いていました。その理由は彼らが自分の家族や愛する者たちを去りたくないからだと確信するようになったクラウディウスは、ついに結婚を禁止してしまったのです。 ところが、インテラムナ(イタリア中部にある町で、現在のテルニ)のキリスト教司祭であるバレンティヌス、英語読みではバレンタインは、かわいそうな兵士たちをみかねて、内緒で結婚をさせていました。それが皇帝の知るところとなったから大変です。 しかも、当時のローマでは、キリスト教が迫害されていました。 皇帝は、バレンティヌスに罪を認めさせてローマの宗教に改宗させようとしましたが、バレンティヌスはそれを拒否しました。そこで、投獄され、ついには西暦269年2月14日に、処刑されてしまったということです。(270年という説もあります)。

バレンタインデーはどのように始まったの?

ローマではルペルクスという豊穣(ほうじょう)の神のためにルペルカーリアという祭が何百年ものあいだ行われていました。 毎年2月14日の夕方になると、若い未婚女性たちの名前が書かれた紙が入れ物に入れられ、祭が始まる翌15日には男性たちがその紙を引いて、あたった娘と祭の間、時には1年間も付き合いをするというものです。翌年になると、また同じようにくじ引きをします。 496年になって、若者たちの風紀の乱れを憂えた当時の教皇ゲラシウス一世は、ルペルカーリア祭を禁じました。代わりに、違った方法のくじ引きを始めたのです。それは、女性の代わりに聖人の名前を引かせ、1年間のあいだその聖人の人生にならった生き方をするように励ますものです。 そして、200年ほど前のちょうどこのお祭りの頃に殉教していた聖バレンティヌスを、新しい行事の守護聖人としたのです。 次第に、この日に恋人たちが贈り物やカードを交換するようになっていきました。

バレンタイン・カードの始まりは?

バレンティヌスは、獄中でも恐れずに看守たちに引き続き神の愛を語りました。言い伝えによると、ある看守に目の不自由な娘がおり、バレンティヌスと親しくなりました。そして、バレンティヌスが彼女のために祈ると、奇跡的に目が見えるようになったのです。これがきっかけとなり、バレンティヌスは処刑されてしまうのですが、死ぬ前に「あなたのバレンティヌスより」と署名した手紙を彼女に残したそうです。 そのうち、若い男性が自分の好きな女性に、愛の気持ちをつづった手紙を2月14日に出すようになり、これが次第に広まって行きました。現存する最古のものは、1400年代初頭にロンドン塔に幽閉されていたフランスの詩人が妻に書いたもので、大英博物館に保存されています。 しばらくたつとカードがよく使われるようになり、現在では男女とも、お互いにバレンタイン・カードを出すようになりました。バレンティヌスがしたように「あなたのバレンタインより」(From Your Valentine)と書いたり、「わたしのバレンタインになって」(Be My Valentine)と書いたりすることもあります。現在アメリカでは、クリスマス・カードの次に多く交換されているとか。

どうしてチョコレートをあげるの?

実は、女性が男性にチョコレートを贈るのは、日本独自の習慣です。欧米では、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈ります。 では、チョコレートはどこから出てきたかというと、1958年に東京都内のデパートで開かれたバレンタイン・セールで、チョコレート業者が行ったキャンペーンが始まりだそうです。そして、今ではチョコレートといえばバレンタイン・デーの象徴のようになってしまいました。 クリスマスもそうですが、キリスト教になじみの薄い日本では本来の意味が忘れられて、セールスに利用されがちのようですね。 自分の命を犠牲にしてまで神の愛を伝え、実践したバレンティヌス・・・。今年のバレンタイン・デーは、そんな彼のことを思い出してください。

-----------------------------------------------

【飲食店グルメ情報ランキング上位居酒屋】

東京都内池袋で節分やバレンタインデーのプレゼントが有る居酒屋【かずとら】入口紹介

東京都内池袋で節分やバレンタインデーのプレゼントが有る居酒屋【かずとら】カウンター席紹介

東京都内池袋で節分やバレンタインデーのプレゼントが有る居酒屋【かずとら】料理紹介

東京都内池袋で節分やバレンタインデーのプレゼントが有る居酒屋【かずとら】メニュー紹介

-----------------------------------------------

最新情報、今月、本日のお得な情報、希少な日本酒の入荷情報などは
下記オフィシャルホームページをご参照ください。
       ↓↓↓

東京都内池袋で節分やバレンタインデーのプレゼントが有る居酒屋【かずとら】HP

池袋で節分やバレンタインデーのプレゼント有る居酒屋

東京都内池袋で節分やバレンタインデーのプレゼントが有る居酒屋【かずとら】一品 当店は、創業当時から日本酒、本格焼酎など日本のお酒の普及に微弱ながら努めてまいりました。 日本のお酒の魅力は沢山ありますが、年配の方が飲まれるお酒のイメージが多く、女性や若い世代のお客様には敬遠されがちのジャンルにされていました。 そんなイメージを払拭するために、1997年にSOULの流れるお洒落なお店で日本のお酒を洗礼された職人の酒器で飲めるジャパニーズバーとして開店しました。 世界中に数ある酒類の中で、季節(四季)を感じられ旬を味わえるお酒は、日本酒等日本のお酒が1番ではないでしょうか。東京では自然も少なく四季を感じる事が難しくなっていますので是非お酒の旬を通して季節を感じてみては如何ですか。

東京都内池袋で節分やバレンタインデーのプレゼントが有る居酒屋【かずとら】単品 日本酒・本格焼酎等、他では飲めない希少銘柄から、めったにお目に掛れない入手困難なブランド酒まで多岐にわたり取り揃えております。近年は、梅酒・果実酒等にも力を入れており様々な飲用方法を提案しております。 左記の定番メニュー以外にも旬に特化した季節限定酒も多種多様に取り揃えていますので、池袋にお立ち寄りの際は是非お試し下さい。

【日本酒、銘酒ラインナップリスト】

日本酒 450円〜ご用意しております

【本醸造】

■十四代(本丸)[山形]   ■一の蔵(無鑑査)[宮城]
■七福神(本醸造)[岩手]   ■美丈夫(特別本醸造 寒映え酒)[高知]
■立山(銀嶺)[富山]

【吟醸】

■亀の井(ばくれん超辛口+20)[山形]  ■出羽桜(桜花)[山形]
■黒龍(いっちょらい)[福井]  ■手取川(あらばしり吟醸)[石川]
■八海山(吟醸)[新潟]     ■磯自慢(吟醸生詰)[静岡]

【大吟醸】

■吉田蔵(手取川正宗 大吟醸)[石川]
■東一(大吟醸)[佐賀]
■醸し人九平次(大吟醸 山田錦)[静岡]

【純米】

■男山(生本純米)[北海道]  ■浦霞(純米)[純米]
■天の戸(天の戸 美稲)[秋田]
■菊姫(山廃純米)[石川]  ■神亀(辛口特別純米)[埼玉]
■義侠(純米原酒60%)[愛知]  ■田酒(特別純米)[青森]
■鶴齢(特別純米 無濾過生原酒)[新潟]
■飛露喜(特別純米)[福島]  ■十四代(純米中取り無濾過)[山形]

【純米吟醸】

■真澄(辛口生一本)[長野]  ■南部美人(純米吟醸)[岩手]
■酔鯨(銀嶺)[高知]  ■くどき上手(純米吟醸)[山形]
■〆張鶴(純)[新潟]  ■而今(千本鶴 火入れ)[三重]
■十四代(純米吟醸 龍のおとし子)[山形]
■十四代(純米吟醸 中取り播州 愛山)[山形]
■十四代(角新 生 限定酒)[山形]
■十四代(槽垂原酒 生)[山形]

【純米大吟醸】

■ダッサイ(純米大吟醸50)[山口]
■久保田(萬寿)[新潟]

【にごり】

■菊姫(にごり)[石川]

-----------------------------------------------

【かずとら】の口コミ

お酒が飲めて食べれる居酒屋を探しているとかずとらさんが

見つかりました。とりあえず店内へ

お店にはお酒がかなりおいてあったので、これは期待大!

メニューを見ると料理も豊富で、こだわったメニューもたくさん

味がよければ文句なしといったところでした!!

料理の味のほうは………

おいしい!!特に魚料理は新鮮で、こんなの居酒屋で食べれるの

っていうぐらいのおいしさでした。寒ブリは忘れないです。

ついつい、食べ物を頼んでしまいました。

【かずとらの口コミ】

日本酒好きな知り合いと行きました 私はその方面(日本酒)に明るくないのですが 詳しい人からすると品揃えもコスパがとてもいいらしく たとえば十四代が六種類あるところはなかなかなく しかも日本酒バーのようなところと比べると かなり良心的なお値段とか お店の方に聞いたところ 日本酒と焼酎のお酒のメニューの中で赤文字で表記されているものは 手に入りにくい いわゆるプレミア酒だそうです  メニューを見ても日本酒・焼酎ともにかなりの種類がありました でも私の記憶だと 日本酒バーや焼酎バーのような 驚くほどのお値段ではなかったですよ お食事のほうは お酒の品揃えに合わせてだからなのでしょうね お店が基本 和食なのでしょうけど 軽いおつまみ系からしっかり空腹を満たせるものものまで 和・洋・中と 色々なジャンルのものもあったり 色々選べて楽しいです 黒板に書いてある季節のメニューも豊富でこまめに更新されているので 飽きないです

【かずとら】の口コミ

ネットで探すと出てきました。一度も行ったことがなかったので、行ってみることに。

はじめはネットで調べた時のお酒の多さに大いに期待をしていました。日本酒や焼酎が大好物の人には

たまらないお酒がずらりと店内に並んでいます。見ているだけでもお酒が進む、といったほどお酒の種類は多いです

そして何よりも、「いいお酒」がおいてあります。飲んだことのない焼酎なども飲みました。

八重丸という鹿児島の麦焼酎はとてもおいしかったです。

そして、とりあえず何かおつまみにと料理を頼んだのですが、料理が一番驚きました。

本格的なメニューと、創作料理などが多く、居酒屋というような感じではなく

高級が出るメニューばかりでした。初めはあまり食べる気はなかったのですが

ついつい、食べ物を頼んでしまいました。

その日仕入れた魚料理なども注文でき、大変満足しました。